BRUNCH

ワクワクしてる?がコンセプト。ホームパーティ向けお料理教室「BRUNCH」主宰。

野菜の色や形を生かしてテーブルが華やかになるよう心がけています。

ワインエキスパート(JSA認定)
チーズプロフェッショナル(CPA認定)
野菜ソムリエ(日本野菜ソムリエ協会認定)

記事一覧(133)

Madame Figaro Japon: パインとミント。

全て(パイナップル+ミント+水+砂糖+塩)をミキサーにかて、冷凍。暑い日には、ラムをたんまりかけていただくのだっ。お酒をかけなくても、かなり美味しいシャーベットになります。パインの黄色にミントが細かく入っていて可愛いです。ミントの代わりにバジルでも美味。ミント、バジル、どちらも好みだけど、どうしても選べといわれたらバジルさんが好き。缶詰でもいいけど、フレッシュなパイナップルならパーフェクト♪ 生のパイナップルは酵素がたっぷり含まれているから、口にすると身体が浄化される気分になるので、焼肉を食べた次の日は、意識して摂るようにしたいです(まだしたことがない)。スーパーで売っているパインは大抵若すぎるから、熟すまで放置。熟していないと、酸っぱくて、喉もイガイガしちゃって(酵素が原因)泣きたくなります。生のパイナップルは、ほんのり甘い香りがしてきたら食べごろです。目が覚めて、フワッと甘いパインの香りが漂ってくる朝は、いいことが起きそうな気分になりテンションが上がります🍍。パインの香りが大好き過ぎて、枕元にパインちゃんを置いて、クンクンしながら寝てました。でも、食べようとしたら部分的に腐っちゃった。時間を置きすぎたらしい😭。香りがしてきたらしてきたら食べ頃ってことなのね。レシピはこちら→ madame FIGARO Japon パイナップルとミントのひんやりグラニテ